愛知の解体工事ならお任せ下さい。

アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

愛知の解体工事【ポイントとFAQ】

愛知でこれまでに多くの解体工事の依頼をこなしてきたのが私たちです。初めて解体工事を依頼するという人が不安を感じないようにしっかりとサポートをしているのが特徴です。工事が完了するまで安心できるように全力でサポートする体制を整えています。わかりやすい見積書を作成して、工事内容についても細かい部分まできちんと説明します。工事後のアフターフォローにも対応しており、地域に密着しているため連絡をいただければスムーズに対応可能です。解体工事後の土地活用についても対応できます。解体を終えたあとの手続きのフォローもします。解体してから駐車場などで活用したい場合は、当社に相談いただければ、全力でサポートすることが可能です。

解体工事 愛知

工事の品質にとてもこだわっているのが私たちの長所です。年間に300件以上もの工事の実績があり、品質には自信を持っています。スタッフの教育に力を入れていて、常に手を抜かず全力で作業にあたっています。そのため、高品質な解体工事を実現することに成功しています。工事の際には近隣に住む人達への配慮も忘れません。愛知で解体工事を検討している人、悩みを抱えている人はぜひともアヴァンセ株式会社までご相談ください。

01解体工事とは?

住宅やビルなどの解体工事を見かけたことがあると思います。
最近では、空き家問題などもあり、解体工事の依頼も増えてきているそうです。
しかし、実際に解体工事と言っても、一体どんなものなのか?
そして、どこに依頼すればいいのか?
あなたはわかりますか?
今回は、解体工事の基本的な知識について、お伝えします。
解体工事と言っても、いきなり建物の解体業者に依頼してあとは任せっきり…というわけにはいきません。
まずは現地調査を行い、建物の構造から面積、近隣の建物の状況や搬入出の経路がどうなっているかなど、詳細を調べるところから始まります。
特に、東京や愛知、大阪などの大都市圏では、周囲に迷惑をかけないように綿密な下調べが必要です。
調査した結果をもとに、お見積もり金額を算出し、納得いただいた段階で契約となります。
ただ、このあとが意外にたくさん手続きがスタートします。
まず、市区町村や地方自治体などに、

・建設リサイクル法申請
・道路使用許可申請
・特定建設作業実施届出

などの届出を行い、解体工事の許可を取ります。
それと同時に、住宅であればライフラインの停止や撤去の連絡を進めていただき、近隣へのご挨拶をして事情を説明したのち、ようやく解体工事が始まります。
このように、解体工事と言っても、実際に工事がスタートする前にたくさんの手続きが必要なのです。

02解体工事が初めての方へ

ほとんどの方の人生において、解体工事を依頼するという経験をすることはほぼないでしょう。
しかし、実家に誰も住む人がいなくなった、親戚の家をなんとかしなければならないなど、近年の空き家問題でこのような問題に直面している人も多いようです。
なぜ空き家が多いのか。
もちろん、費用面の問題も大きいでしょうが、もう1つに、「解体工事ってどうしたらいいのかわからない」という理由も意外と多いそうです。
基本的に解体工事は、個人ではほぼ難しいので業者に頼むことが一般的です。
なので最初にして最大の仕事は、解体業者を探して依頼する。
ただこれだけです。
解体業者さえ見つかれば、あとはこれしてください、あれしてください、これはウチでやりますなど、詳しい説明をしてくれることが一般的です。
でも、その解体業者を見つけるのが一番難しい問題ですよね。

解体工事が初めての方へ

実は解体業者は規模によって、

・小規模解体業者
・中規模解体業者
・その他の解体関連業者

と区分されています。
おすすめなのは、小規模解体業者ですが、ここはホームページなどを持っておらず、どちらかといえばハウスメーカーや工務店の下請け業者のイメージです。
なので直接連絡する手段がなかなかありません。
知り合いなどを通じて依頼できればベストですが、そうでない場合は中規模解体業者に連絡して、複数見積もりを取ること方法が良いでしょう。

03解体工事の費用を抑える3つのポイント

老朽化した実家や空き家になっている自宅など、近年問題になっている空き家問題。
老朽化した自宅を放っておくと、さまざまなトラブルの原因となる可能性があります。
なので、早めに解体するにこしたことはありません。
しかし、自宅を解体すると言っても、費用がかかってしまうことも事実。
そこで今回は、解体行為の費用を抑える3つのポイントをご紹介します。

1.相見積もりをちゃんと取ろう
1つの業者だけに依頼すると、それが高いのか安いのか、基準がわからなくなってしまいます。
なのでおすすめはしっかりと相見積もりを取ること。
最低でも2社、多い場合は4社くらいにはしっかりと見積もりを依頼して、金額の相場感を知ることが重要です。

2.値段交渉をしっかりとしよう
値段交渉も大切なポイントの1つです。
相見積もりをとって相場感がわかれば、その価格をベースに値段交渉をすることができるようになります。
もちろん、相場からかけ離れた金額は無理ですが、状況を説明してお願いしてみれば、意外と価格交渉はできたりします。

3.不要な作業は省いてもらおう
見積もりの項目を見てみると、意外と「これなんだろう?」と感じる項目があります。
詳しく聞くと、自分でもできることだったりするので、そういった場合は自分でやることを伝えて見積もり項目から削除してもらいましょう。

04愛知で発注できる解体工事の種類

解体工事 愛知

建物の解体工事にもいろいろな種類があります。今回はその中でも比較的採用例の多い工法についてご紹介します。まず、広く一般に行われているのが、機械解体(重機併用手壊し工法)です。以前は重機のみでの解体も多かったのですが、廃棄物の分別・施工済みアスベスト飛散の防止の観点から、ある程度手作業の残された解体工法が好まれているのです。機械を使うため効率的ではありますが、粉塵や騒音が発生しやすい面もあるので、近隣住民の方へのケアが重要になってきます。カッター(ウォールソー)工法は、解体工具にダイヤモンド粉末を付着させたブレードなどを利用し鉄筋コンクリートを切断して建物を解体していきます。
機械解体に比べて振動や騒音が少ない点がメリットとして挙げられます。
業者によっては、ウォータージェット工法に対応している業者もあります。この工法は特殊ポンプで加圧されたジェット水流でコンクリートを削りながら効率よく解体していきます。この工法のメリットは、振動がほぼゼロな点と、粉塵が発生した場合でも水と一緒に回収して処理を行った上で排水できる点です。摩擦熱も発生しないため、引火の危険性がある環境下での解体にも対応している点も注目されています。

05全国各地で解体工事専門業者が活躍

解体工事に対応エリアの制限はありません。全国各地で解体工事専門業者が活躍しています。
愛知県は近年再開発が盛んな地域です。建設業に携わる業者は多く、解体工事業者も例外ではありません。まずはインターネット上でお住まいのエリアにある業者を検索してみましょう。その上で、クチコミや近所での評判を収集しながら発注業者を選定していきます。
優良業者というのは、得てして情報公開への対応に優れています。ホームページ上には目安の価格から発注のプロセス、追加可能なオプションなどが並んでいます。Q&A も充実していれば、あなたの感じる疑問にすでに先回りした回答があるかもしれません。
最終的な業者選定の前には、類似業者で相見積もりを取ることをおすすめします。相見積もりとは複数の業者から見積を取り寄せ、その中身を比較検討し発注業者を決定する作業のことです。この際、価格を重視される方が多いですが、作業や作品というものは金額だけで評価できるものではありません。解体工事であれば採用している手法でも業者の良し悪しが分かり、業者間の差を計ることができます。
お住まいのエリアで、あなたの要望にピッタリの業者をぜひ見つけてみてください。

06愛知県で解体工事をする際の費用の目安

解体工事の際、やはり気になるのは費用の目安でしょう。一言に解体工事と言っても、実は様々な種類があります。比較検討の際は、専門業者を選ぶ前に、まずはどういった種類の工事が検討している解体工事にマッチするか1度考えてみることをおすすめします。採用する工法によって、解体費・施工費は異なります。
木造住宅で多く行われる解体工法は「手壊し工法」と呼ばれるものです。重機は用いず、人力で建築時と逆の手順で解体していきます。鉄筋コンクリートで建てられたビルなどの解体には、重機が用いられます。多くの場合「圧砕機工法」が用いられ、油圧クラッシャーやパワーショベルなどでコンクリートの破砕、鉄筋の切断を行います。

愛知県で解体工事をする際の費用の目安

市街地などでは騒音対策が重視されるため、「静的破砕剤工法」や「アブレィシブウォータージェット工法」が採用されることもあります。
上記の事項を踏まえた上で、費用の検討に入りますが、費用ありきでの選定はおすすめしません。評判や施工例なども調べた上で、総合的に評価して発注しましょう。
比較の際には、複数の専門業者から見積りを取り寄せることをおすすめします。そうすることでより具体的に費用の比較ができますし、仕上がりのイメージもしやすくなります。

07愛知県で解体工事する際の3つのポイント

01工法による違いを知りましょう。

一口に解体工事と言ってもその工法や技法は多様です。鉄筋コンクリート造の建物の場合は、一般的に転倒工法、圧砕機工法、大型ブレーカ工法が採用されます。転倒工法は騒音を比較的抑えられるため広く採用されています。圧砕気功法と大型ブレーカ工法は機械の力で効率よくコンクリートと内部の鉄筋を破砕していくのですが、ある程度の騒音は覚悟しなければならないため周囲の店舗や住民の理解が必須となります。木造住宅の場合は、重機の利用と人力での作業で行います。立地や住居の構造によって、どういった工法を採用するか決定していきます。

02最適な業者を見つけましょう。

業者の選定に関しては相見積もりを積極的に活用しましょう。フィーリングだけで依頼する業者を選んでしまうことは危険です。

03見積書は細部までチェックしましょう。

解体工事は解体だけにとどまりません。解体前の建物内部の清掃、不用品の回収、解体の際に出たゴミの除去、不用品やゴミの除去なども含まれます。特に不用品の処分に関しては解体工事業者に任せず、リサイクル専門業者や不用品買取専門業者に依頼すれば、解体工事全体にかかるコストを減少させることが可能です。

08解体工事業者を選ぶ際のポイント

最近では空き家の増加が問題となっていますが、家を使わなくなる場合に解体工事を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では初めて解体工事を業者に依頼する方が業者を選ぶ際に見ると良いポイントをまとめてみました。

1.工事の品質
単に建物を解体する工事でも業者によって品質に差があります。例えば建物の構造や周辺環境を踏まえた解体方法が選択できるか、解体後の整地作業で凹凸ができてしまったり瓦礫などが十分に撤去されないといったことがないかで質が変わってきます。初めての解体工事で不安という方は丁寧な説明や近隣住民などへの対応もしっかり行ってくれる業者が利用しやすいでしょう。

2.サービスの内容
工事完了までのサービスはもちろんですが、アフターフォローも重要です。解体後の土地活用まで踏まえたサービスを提供している業者や、解体工事後の手続き代行まで行うサービスを提供している業者もあります。地域密着型の業者であればきめ細やかなサービスが期待できます。

3.価格
価格を左右する主な項目としては@工事費、A人件費、B廃棄物の処理費用が挙げられます。@の工事費は、依頼した業者が自社施工をする場合には中間マージンを節約することができます。Aの人件費は工事期間にもよりますが、工事の品質を確保した上で考えることが必要です。技術があり短期間で効率的に工事できる業者かどうかがポイントです。Bの廃棄物処理費用は、廃棄物の分別がしっかりされていれば処分費用を抑えることもできます。

09愛知で解体工事を依頼する際の相談事例

愛知で解体工事を依頼する際の相談事例

解体工事の相談事例をご紹介しましょう。
よくある相談に「どういった業者を選べばいいのかわからない」というものがあります。解体工事と一言で言ってもいくつか種類があり、業者によって得手不得手があります。
解体工事専門業者選定の際には、まず「解体したいもの」「解体する場所」「解体後の整地」の3つのポイントで考えてみるといいでしょう。
例えば、解体するものがビルで、他のビルも隣接しているような商業地にあり、最終的に売却を考えるのであれば、密集地での解体に慣れている業者や、ご近所への配慮が手厚い業者を選ぶべきです。
最後に土地として売却を志向するのであれば、整地まできちんとできる業者を選びましょう。
こうしていけば、自ずと任せられる業者は絞られてきます。
解体するものにはビル以外にも住宅、倉庫などがあります。解体には重機を用いることが大半ですが、騒音や粉塵の飛び散り具合などは、採用する手法、個々の業者が得意とする手法により様々です。
予算とも見比べて、より現実的な見積もりを提供してくれる業者に依頼してみましょう。

10愛知県で解体工事の依頼を検討する際によくある3つの質問

解体工事の依頼を検討する際によく出る、3つの質問に回答しましょう。
質問 解体工事にはどういった種類がありますか?
回答 現在、現場で行われている解体工法は代表的なもので10種類あります。このうち木造建築では2種類あり、職人の手で壊していく手壊し工法と、重機を併用する機械解体工法があります。
RC造(鉄筋コンクリート造)SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)の解体工事では、
広く行われている圧砕機工法・切断がメインのカッター工法・振動でコンクリートを壊すハンドブレーカー工法・ワイヤーを高速回転させて切断するワイヤーソーイング工法・建物を倒して壊す転倒工法・水流で破壊するウォータージェット工法・膨張剤を使う静的破砕剤工法・火薬を使うミニブラスティング工法があります。
質問 どういった構造物の解体作業に対応していますか?
回答 基本的に建築物ならばどういったものでも解体対象です。ただし、商業地や住宅密集地では採用できる工法に限りがあるので、きちんと対応できる業者を見つけることが重要です。
質問 騒音は気になりませんか?
回答 手壊し工法や静的破砕剤工法など、騒音を抑えた解体方法もあります。まずは専門業者にご相談ください。

11愛知県で解体工事業者選びをする際の注意

POINT 解体工事専門業者で注目すべきは、ズバリ経験です。
解体工事そのものには、いくつかの種類があります。 住宅の解体にもオフィスビルの解体にも、テンポよく解体を進められる手法と、周囲への騒音や環境に配慮した工法があります。
郊外の家屋が解体対象の場合は騒音に関してそこまで配慮する必要はないでしょうが、ビジネス街や住宅地にある物件の解体の場合には、音や粉塵に気をかける必要があります。環境によって工法を変更できるフレキシブルさ、それぞれの工法に適した技術を持っていることも求められます。
ホームページに掲載されている施工事例を確認し、実際に相談する際には解体対象の建造物への提案内容を吟味します。提供可能な工法について丁寧に解説されているところであれば、親身に相談にのってくれる確率は高まります。周辺住民へのケアについてもその考えを掲載している業者もあります。
あわせて、解体後の整地についても相談し、きちんと行ってくれるような業者を選ぶことをおすすめします。
実際に打ち合わせする際には、見積もりの際にどういった工法を提案してくれるのかよく見極めましょう。

12愛知県で解体工事を依頼する時に使える業界用語

原状回復
解体工事を依頼する際に気をつけたいのは原状回復です。原状回復と言うのは、解体工事の後、工事現場の土地自体を整備し直すというものです。ただし、地表部分を整地すればいいというものではありません。現行のビルには多くの場合地下部分があり、また基礎の部分は高さに合わせて、一般の方が想像するよりも深く構築されています。こうした地中の構造物を取り除くのはもちろんのこと、土壌の汚染状況なども確認し、解体工事後に周囲の環境に影響を与えないこと、また次の事業者が建設しやすいよう配慮した整地を行うことが重要になってきます。こうした工事には経験が物を言います。ホームページ上で原状回復の事例を公開している場合がほとんどなので、解体工事を依頼される際には、ぜひ工法だけでなく、原状回復についても注目し相談することをおすすめします。また解体工事中は、どうしても騒音が気になります。こうした問題について、周囲への配慮ができる業者は信頼が置けます。解体工事の期間、工事現場の覆い、使用重機、そして原状回復の実績をもとに業者を選んでみてはいかがでしょうか。

FAQ一覧

お役立ち情報

費用は依頼する業者によって異なるか 愛知県内に所有する空き家を解体したいという方より、解体工事費用について質問をいただき、それに対する回答を記載しています。
解体工事費用は依頼する業者によって異なり、空き家を解体する場合は補助が受けられる可能性があることも紹介しています。

PageTop

お電話 メールでのお問い合わせはこちら アヴァンセ公式
アヴァンセ解体工事 動画配信中 解体実績を見る
アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

Copyright(C) アヴァンセ株式会社 All Right Reserved.