名古屋の解体工事ならお任せ下さい。

アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

名古屋の解体工事【ポイントとFAQ】

名古屋で解体工事をしている業者です。私たちは2000年に創業してからずっと愛知県名古屋市を拠点として地元に密着したサービスを展開しています。解体工事に対応できる建物は木造家屋からRC建造物まで幅広いです。立地条件的に解体工事が困難な建物であっても、長年の技術とノウハウによってスムーズに解体を進めることができます。建物解体だけではなく、庭や内装の解体、解体工事をしたあとの宅地造成工事、外構工事などにも対応しているのが特徴です。社員への教育を徹底しており、質の高い工事をすることを心がけています。また、利用者や近所の人達に失礼にならないように接客態度にも気を配っています。安全管理も徹底しているため、現場で事故が起きる可能性を最小

解体工事 名古屋

限に下げることに成功しています。丁寧で安全、なおかつスピーディーな工事を提案することを目標としているのが私たちです。個人の利用者だけではなく法人からのご依頼もたくさんこなしてきた実績があります。解体したあとの廃棄物は適切に処分しているため心配する必要はありません。24時間いつでも無料見積もりや相談を受けつけています。名古屋で建物解体について悩んでいる人は、ぜひアヴァンセ株式会社まで気軽にご相談ください。

01名古屋で住宅・家屋から中・大施設まで解体工事を専門に行う会社とは?

愛知県名古屋市で2000年に創業した建物の解体工事業者は名古屋・愛知・岐阜・三重の東海エリアに営業を絞った地域密着型の取り組みをしています。
解体工事は戸建て住宅からアパート、マンションや店舗建物、スーパーや工場、その他施設に至る規模の建物までに対応し、内装解体や庭の解体、解体工事後の宅地造成工事や駐車場、エクステリア、外構工事も手がけています。年間300件以上の豊富な実績が表すのは、丁寧な対応と安全・スピーディを心掛けた高品質な工事によるもの。会社のスピリットが営業担当者から現場スタッフまで浸透し、リスペクトされている証明でしょう。
解体工事は建物を壊すだけではなく、木造・鉄骨造・RC造など建物の構造に合わせ、周辺環境への影響を最小限にする適切な解体方法を選択しなければいけません。安全性を確保し、近隣の方々の配慮が万全であることで、依頼者様もご安心頂けますし、工事品質が向上します。現地調査やお見積りは完全無料。法人様、個人のお客様を問わず直接依頼出来るのもポイントです。
アフターフォロー体制も徹底しているため、工事後に何かあっても安心。解体して更地にする、建て替えのための解体などの計画がある方にお勧めです。

02解体工事業者を利用するのが初めての方

解体工事は重機を使って建物をただ壊すだけと思われている方が多いものですが、手作業で行う場合もあれば建物の内装だけを解体する場合もあります。建て替えや新築工事の前に既存の家屋や庭、フェンスなどを取り壊すのも解体工事の一つです。
建物の構造や周囲の状況により適した工法を選び、作業をする必要があるため、建築物についての幅広い知識が求められます。
例えば、建物ごとに木造、鉄骨造など建築方法が違いますので、それぞれの構造に合わせた解体工事を進めなくてはいけません。建物内部には様々な資材が複雑に絡み合っており、多くの廃棄物が出ます。廃棄物の処理まで自社で行う解体業者は建設業許可か解体工事業登録のどちらかの資格と共に、産業廃棄物収集運搬業の許可を取得している必要があります。
無資格や無許可の業者は解体工事が出来ませんので業者を探す時にまずこの点を必ず確認してください。
解体工事は着工前に規定建設作業届けを申請した上でしか進められない工事です。建物を取り壊す危険な作業なため、安全で事故なく周囲への影響を最小限に解体を行わなければいけません。
以上のことから、解体工事を検討されている場合は、資格を持った業者か確認の上、依頼するようにしてください。

解体工事業者を利用するのが初めての方

03解体工事をするべきか迷われる3つのお悩みについて

建物や店舗丸ごとの解体から、内装のみの解体、お庭や駐車場の解体など、現在あるものを取り壊す工事は解体工事専門業者が行っています。解体するべきか迷われている方のお悩みに役立つ3つのポイントを挙げますので参考にしてみてください。

1.空家のまま放置している不動産がある
ご両親が他界されたり、施設に入られ、ご自宅が空家のまま放置されているケースが散見されます。空家は放置していると劣化が進み、倒壊の恐れや治安の悪化に繋がることがあります。現状のままの売却が難しければ解体して土地活用されるのも一つのアイデアでしょう。

2.物件が老朽化している
アパートやマンションの老朽化が進んでいる場合、今後の経営を踏まえ、建て替えや、更地にして土地売却、コインパーキングなどに活用など、選択肢は色々あるものです。建物解体と解体後の活用計画の相談も合わせて出来る解体業者を選ぶと、サポートを得られますしコストメリットも高くなります。

3.工事後に追加料金が発生した
経験豊富な解体業者であれば建物の立地状況に合わせて最適な施工方法を取ります。重機が入らない道幅であれば手作業での解体方法もあります。工期が余分にかかり、人件費がかかってしまうことで工事費用がアップすることがありますが、施工が不可能と言うことはありえません。施工実績の豊富な業者であれば、施工方法のアイデアと共に施工費用の説明が行われますので業者選びが重要です。

04解体工事にはどのような種類がある?

解体工事が必要になるのは所有している住宅や賃貸アパート、マンションやビル、ショップや工場などが挙げられます。建物丸ごとのケースもあれば、内部解体など部分的な解体工事もあります。
解体工事の種類について詳しく見ていきましょう。
木造解体工事 道路幅の狭い住宅密集地での作業が多い木造の解体工事。近隣や通行人への配慮の元、慎重に丁寧に進められます。
鉄骨(S造)造解体工事 古い住宅、工場や倉庫に見られる構造で、堅固な造りのため振動や騒音が発生しやすく、周辺環境への最大の配慮が徹底されます。
鉄筋(RC造)コンクリート解体工事 マンションやビル、店舗などが主であり、極めて堅固な構造の中高層建築物の解体です。規模も大きく、振動や粉塵を最小限に抑え、徹底した安全管理の下で計画的に進められます。
内装・スケルトン解体工事 住宅や店舗、事務所のリノベーションを目的に、必要な部分を残す内装の解体です。
庭・ガレージ・外構解体工事 ブロック塀やカーポートの撤去、樹木の撤去や物置の解体など外構部分の解体工事です。住宅の立地状況に合わせた解体方法が取られ、近隣へのご迷惑を最小限に行われます。
工場・倉庫解体工事 規模や場所により様々な構造が見られます。どのような立地であっても近隣・周辺への配慮を第一に適切に行われます。
解体工事後の土地の再利用 更地を駐車場に利用するためのアスファルト舗装やブロック塀、フェンスや柵の設置、その他各種工事の相談が出来ます。

FAQ一覧

解体工事は構造に合わせて適切な方法が取られます。工事規模や立地状況により工期や費用が変わるため、事前に十分な打ち合わせ、見積もりの確認が必須です。

PageTop

お電話 メールでのお問い合わせはこちら アヴァンセ公式
アヴァンセ解体工事 動画配信中 解体実績を見る
アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

Copyright(C) アヴァンセ株式会社 All Right Reserved.