解体工事のみ請け負うことの需要|名古屋・愛知・岐阜・三重の建物解体工事はアヴァンセ株式会社にご相談ください。

アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

FAQ

愛知県内で解体工事のみ請け負うことに需要はあるのでしょうか。

愛知県で不動産屋を経営しています。
このところ県内では企業活動が活発なようで、自社ビルを建てるところや、すでに所有している会社では建て替えを検討しているところも多いです。
建造物を建て替える際、解体した後に新しく基礎を打ちその上に建てることが多いです。建設会社なら自前で解体と建設を行うものとばかり考えていたのですが、先日解体専門業者の存在を知りました。
1つ気になったのですが、果たして解体だけで業務として成り立つのでしょうか?解体業者の実態を知りたいです。解説をお願いします。

answer

解体も専門技能の1つと言えます

解体専門業者に興味を持っていただいてありがとうございます。たしかに「壊すだけ」と考えてしまうと、果たして需要があるのかどうか心配になってしまいますね。ただし、ご相談者の方が既に述べられている様に、新しくビルを建てる際には古いビルを解体しなければなりません。そして、この解体に関し、ビルの規模が大きければ大きいほど高度な技術が必要になります。
ご存知のように日本の商業地というのは、比較的建造物が密集しています。1つのビルを解体すると言っても時期を合わせて隣のビルも解体するということはなかなかありません。解体の際には周囲に影響を与えないよう、慎重に作業を進める必要があります。
ビルの爆破・重機を使った解体・瓦礫の処理・周囲への周知と配慮など、一般の建設会社では抱えきれないポイントが目白押しです。そういったこともあり、多くの建設会社では解体に関しては下請け業者にそのまま作業をまかせているのです。
解体専門業者はその技術でもって、建設業界の横のつながりや、顧客からの直接の依頼で業務を進めています。直接の依頼は顧客の希望を直に聞くことができるので、作業に関して気にかけなければならない点も分かりやすいとして人気なようです。

PageTop

お電話 メールでのお問い合わせはこちら アヴァンセ公式
アヴァンセ解体工事 動画配信中 解体実績を見る
アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

Copyright(C) アヴァンセ株式会社 All Right Reserved.