廃虚ビルの解体工事対策|名古屋・愛知・岐阜・三重の建物解体工事はアヴァンセ株式会社にご相談ください。

アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

FAQ

廃虚ビルの解体工事で対策すべきことは?

もともと父が祖父から相続して、すでに廃虚化して誰も使用していないビルを愛知県内に所有していますが、前から知り合いの不動産会社に頼んで売りに出してもらってはいましたが、なかなか買い手が見つからない状況で、ビルの解体工事は常に頭の中にありました。
しかし、ビルの周りには住宅が密集していて、何よりも7階建ての鉄筋コンクリート造りということで、解体するとなると多額な工事費用がかかることは明確なので、買い手が見つかってからでないと、大きな借金を背負うことになるので、これまでいろいろ心配しながらもそのままにしていました。
それに以前自分が住んでいた賃貸の一軒家の近くで大きなビルの解体工事があった時に、家が大きく揺れて近隣住宅からひび割れなどのクレームが入っていると聞いたことがあって、その時は結局大事には至らならなかったみたいですが、不動産会社にそのことを伝えると、解体工事でそのような問題が起きることも実際にあると聞いて、そのことでも頭を悩ませていました。
今回ついに土地に買い手がついて、ビルの解体工事をすることになりましたが、どのような対策を取ればいいでしょうか?

answer

工事前や工事中の調査を実施しましょう

ほとんどの解体工事業者は、近隣対策をしてくれますが、解体工事によって隣地で影響を受ける可能性を探る確認までをしてくれる可能性は低いです。
確かに大きなビルの解体工事では、地盤に強い衝撃を与えるケースもあって、近隣の建物が揺れるだけではなく、建物に悪影響を与えることもあります。
それを防ぐためには、工事前や工事中の的確な調査が必要で、建物のひび割れや傾きなどの有無を確認して、記録しておく必要があります。
解体工事を依頼する業者を選ぶ時には、事前に建物調査を打診してもらえれば安心ですが、もし打診がない場合は、自分から業者側に伝えて、それに対応してくれることを確認した上で依頼することをおすすめします。

PageTop

お電話 メールでのお問い合わせはこちら アヴァンセ公式
アヴァンセ解体工事 動画配信中 解体実績を見る
アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

Copyright(C) アヴァンセ株式会社 All Right Reserved.