ピアノがありますが解体工費用に影響|名古屋・愛知・岐阜・三重の建物解体工事はアヴァンセ株式会社にご相談ください。

アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

FAQ

ピアノがありますが解体工費用に影響ありますか?

結婚後ずっと名古屋の実家で暮らしてきましたが、4年前に父が、昨年母が亡くなり親の面倒をみる必要がなくなったこともあり、以前から打診されていた海外赴任の話を受けることにして、家族でアメリカに移住することにしました。
まだ出発までは時間がありますが、その前に名古屋の実家の売却を済ませてしまいたくて、築50年近く経っているので、家を解体し更地にしてから知り合いの不動産会社に売却、もしくは買取してもらうことに決めました。
解体工事をする場合は、家の中の不用品も一緒にゴミとして処分してもらえるということですが、家の中には娘が使用していたピアノもあって、もう長く使用していないのでそのまま処分しようと思うのですが、ピアノの処分には追加費用は発生するのでしょうか?
また家の中の荷物の量によって、解体工事にかかる費用は相当違ってくるものなのでしょうか?

answer

ピアノも含めて解体工事時の処分がおすすめです

解体工事の料金には産廃費用も含まれますので、家の中の荷物の量によって工事料金は大きく左右されます。
ピアノに関しては大きさなどにも寄りますが、一般的な木製のピアノであれば解体、処分のみをしてもらう場合は、おおよそ10万円程度の費用がかかると思われます。
しかし家の解体と一緒にピアノの解体も行う場合は、2〜3万円程度みてもらえれば大丈夫で、他の不用品に関しても、不用品の回収業者に依頼するよりは、解体工事のついでの処分した方がかなり割安にできるでしょう。
ただしピアノも含めて買取が可能な場合は、リサイクルショップや、買取にも対応している不用品の回収業者に依頼すれば、無料で回収してもらえるケースもありますので、まずはそのような業者さんに見積りをお願いしてみるのもいいと考えます。
よろしければ、不用品の回収や買取に関しましても相談に応じますので、解体工事に関することでしたら、何なりと当社にお問合せください。

PageTop

お電話 メールでのお問い合わせはこちら アヴァンセ公式
アヴァンセ解体工事 動画配信中 解体実績を見る
アヴァンセ株式会社
無料見積り・ご相談

Copyright(C) アヴァンセ株式会社 All Right Reserved.